スイッチングコスト

女性ってなんであんなにポイントカードが好きなんだろうと思う、わたちゃんです。ポイントを貯めることが目的になって、逆にいらないものまで買ってるような気がするんです。

「スイッチングコスト」とは、現在使っている製品やサービスを別の代替財に乗り換える際にかかる総コストのことです。スイッチングコストが高ければ、顧客は簡単に代替財へ乗り換えることはありません。
また、「スイッチングコスト」には「金銭的コスト」だけでなく、「心理的コスト」「手間コスト」などが組み合わさっています。そしてこの「手間コスト」は重要ですね。
 
価格的に魅力的であっても、導入の手間や時間、習熟に要する労力を含めたスイッチングコストが高ければ、容易に乗り換えはできないということです。
あるメーカーのデジカメを使いこなした人は別のメーカーの機能性が高く安い製品が登場したとしても、また操作を覚えるのが大変なので、ついつい同じメーカーの後継機を買い続けてしまう、といった例です。
これは私生活にも応用できます。せっかくゲットした素敵な彼氏、彼女を他人に奪われないようにするためにはこの「スイッチングコスト」中でも「手間コスト」を高くすることが重要です。
具体的には共通の趣味を極めるとかが最適です。しかも2人だけの秘密で2人が連携しながら習熟度を向上することに喜びがある趣味ですね。

さあ、仕事でも私生活でもスイッチングコストを上げるように、今日もノリノリでいきましょう。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yvette Fredenburg (金曜日, 03 2月 2017 07:33)


    Thankfulness to my father who shared with me regarding this blog, this blog is actually amazing.

各Webメディアに投稿中!!

 

<情報処理学会 >

デジタルプラクティス

2018年4月号

<本格派経済Webメディア>

JB Rress 投稿記事はこちら

<オープンナレッジを加速するユーザ参加型ビジネスメディア>

INSIGHT NOW 投稿記事はこちら