米国ブロードバンド事情

最近、電車の中のスマホでのFacebookのレスポンスの悪さにイライラしている、わたちゃんです。あれって根本設計の問題なんじゃないですかね? それとも僕だけなのかな。。。
パソコンやネット、スマホ、タブレットと常にイノベーション技術でインターネットの世界をリードしている米国ですが、ネット接続環境は他国に後塵を拝しています。OECDの調査によると世界で16番目のネット接続環境であり、光ファイバーの普及率は8.3%で13位です。(1位は韓国で57.7%、日本は4位で42.5%) この遅れの原因は技術的な要因ではなく、政権と癒着してきたコムキャストなどによる寡占の通信業界の体質が大きな原因のようです。
米国のブロードバンド接続はコムキャストとタイムワーナーのケーブルテレビ大手2社がシェアの半分以上を占めており、しかも大都市25のうち、22都市ではこの2社しか提供していないようです。
当然コムキャスト等は政権に対する巨額の寄付金を献上しており、天下りの元政府職員を多く迎え入れ、その人たちが政府に対するロビー活動を展開しています。当然現在のオババ政権ともかなり癒着しているようです。 こうした状況下においては新しい技術の普及やコスト削減による消費者への還元というような視点が生まれないのもあたりまえですね。 でも、米国のベンチャー魂、イノベーション魂に期待したいのです。
こうした業界の癒着した体質や今まで投資してきたインフラが一夜にして負の資産になるくらいの技術イノベーションが生まれてくるのがシリコンバレーだと信じたいですね。
独占禁止法法による規制撤廃でもなく、マーケティングや営業や癒着力でもない技術イノベーション力で、腐った既存企業を払拭すぐらいのことをして欲しいものです。こうなれば既存企業にとっては、まさに最低のイノベーションのジレンマ例となるでしょう。 さあ、今日もいろんな規制をかいくぐりながら、ノリノリでいきましょう。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Gracia Elbert (金曜日, 03 2月 2017 13:41)


    Thanks in favor of sharing such a nice thinking, paragraph is pleasant, thats why i have read it fully

  • #2

    Brianna Gibby (金曜日, 03 2月 2017 23:05)


    Hey there! I know this is kinda off topic but I was wondering which blog platform are you using for this website? I'm getting tired of Wordpress because I've had issues with hackers and I'm looking at alternatives for another platform. I would be great if you could point me in the direction of a good platform.

各Webメディアに投稿中!!

 

<情報処理学会 >

デジタルプラクティス

2018年4月号

<本格派経済Webメディア>

JB Rress 投稿記事はこちら

<オープンナレッジを加速するユーザ参加型ビジネスメディア>

INSIGHT NOW 投稿記事はこちら