瑞穂の国

炭水化物ダイエットではごはん食べてはいけないんですが、やっぱり白ごはんが好きで食べてしまう、わたちゃんです。でも食べる順番ダイエットで最後に食べています。
世界最大のコーヒー生産国ブラジルで、コーヒーの輸入量が伸びているようです。2012年の輸入量は1230トンと11年に比べ52%増えました。中間層の拡大を背景に自宅でコーヒーを楽しむ人が増え、エスプレッソマシン用の粉や特製パックの需要が伸びており、国内のコーヒー業界も対応に追われているようです。
一瞬、「あれ? 輸入しないで自国のコーヒー飲めばいいじゃない?」と考えそうになりますが、コーヒーだっていろんなコーヒーがあるんです。おそらく、我々と同じくブラジル人もブラジルコーヒーだけでなく、モカやキリマンジャロ、コナコーヒーと他国のコーヒーを飲みたいのでしょう。そして他のコーヒー生産国はチャンスとばかりに、ブラジルに対するセールスをしかけているんでしょう。
ブラジルのコーヒー事情とは違いますが、コメだって需要が増え料理や趣向にあわせた様々なコメの使い分けが浸透していけば、TPPも好影響になり日本のこだわりのうまい米も輸出量が増加するのではないでしょうか。海外コメの輸入も増えることにはなりますが、コメの生産&消費大国そして輸出&輸入大国として、まさに瑞穂の国として栄えるのではないでしょうか。
とか、単純に考えると農家の方に怒られますね。。。聖域とし関税撤廃外として交渉するしかないんですかね。美味しい日本のコメが食べれなくなると辛いですからね。
さあ、今日も美味い白ごはんが食べれる喜びをかみしめながら、ノリノリでいきましょう。

各Webメディアに投稿中!!

 

<情報処理学会 >

デジタルプラクティス

2018年4月号

<本格派経済Webメディア>

JB Rress 投稿記事はこちら

<オープンナレッジを加速するユーザ参加型ビジネスメディア>

INSIGHT NOW 投稿記事はこちら